婦人

入れ墨除去をしてツヤツヤの肌を取り戻そう

入れ墨・タトゥーの悩みに

タトゥー

入れ墨を除去する整形方法

ファッションとして、また友人同士のノリなどで施した入れ墨・タトゥーは自然に消えるものではありません。もう必要がないと考えたり、就職や結婚の際に負担となっても、自分ではどうすることもできないのが事実です。しかし、あきらめることはありません。病院やクリニックで入れ墨除去の整形をし、元の身体に戻ることができるのです。入れ墨除去の方法は、大きく3種類に分けられます。1つめは、レーザーで入れ墨を薄くしていく方法、2つめとしては、皮膚を切除する方法、そして3つめに、皮膚の表面を削る方法です。3つの入れ墨除去の方法には、それぞれ特徴があります。まずレーザーによる治療では、傷跡が残らないという長所があります。ただ、徐々に薄くしていく施術のため、ある程度の時間がかかることが基本となります。また、色や絵柄によっては完全に消すことができない場合もあります。次に皮膚を切除する方法ですが、これは完全に入れ墨を除去することができます。しかし、大きな場合は皮膚の移植が必要となりますし、あまりに大きな入れ墨では対応できない場合もあります。また、皮膚の部位によっては手術が困難であることも否定できません。最後に、皮膚を削る方法です。これは、大きな入れ墨にも対応することができます。しかし、その一方で、慎重に施術を行ったとしても、どうしても傷跡が残りやすくなってしまいます。また、切除でも削る場合でも、もちろん痛みは伴います。そして、傷が治るまでにはある程度の時間がかかります。できるだけ問題を少なく入れ墨除去を行う際には、確かな技術を持つ専門の医師に依頼することが重要になります。自分の要望と施術方法についてよく相談し、しっかりと納得した上で治療を進めていく必要があります。